人気ブログランキング |

訪問ありがとうございます


by N
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:写真教室 ( 19 ) タグの人気記事

e0329526_00111043.jpg
e0329526_00093820.jpg
e0329526_00084550.jpg
 上から引き伸ばし機、現像液・停止液・定着液、ピントルーペ

写真教室での暗室での作業について簡単に書きます。まずコンタクトシート作成して、どのネガを使うのか決めます。
焼くネガを決めて、ネガキャリアにネガをブロワーで埃を落として挟みます。
引き伸ばしレンズをF2.8にしてピントルーペでピントを合わせます。初めはマルチグレードフィルターの2.0を使います。
そして、引き伸ばしレンズをF5.6にして、2秒ごとに段階露光をとり、露光時間を決めます。
以下がRC印画紙で焼いたプリントをスキャンした画像です。

コンタクトシート
e0329526_01453478.jpg

①F5.6 grade2 8秒  最初のプリントは、暗すぎたのとコントラストが低くなっていました。
e0329526_01041902.jpg
②F5.6 grade3 6秒  コントラストを上げて露光時間を短くしました。
e0329526_01043024.jpg
③F5.6 grade3.5 5秒 まだ少し暗くコントラストが低かったので、gradeと露光時間を短くしました。
④F8.0 grade3.5 10秒を全体に 画面左の部分と右の影の部分を少し明るくする為に15秒と5秒覆い焼きをしました。
絞りを一段絞ることで、覆い焼きの時間を長くすることができ、影の部分に微妙な階調がでます。
e0329526_01044948.jpg
⑤F8.0 grade3.5 8.5秒全体に 画面左の部分と右の影の部分を20秒と5秒 そして、真ん中の影の部分を2秒覆い焼きしました。
次の画像はフィルムをスキャンした画像を簡単にLrで現像したものです。
e0329526_02015952.jpg

先生のアドバイスのもと、grade、露光時間を変えて焼きました。違いが解りにくいかもしれませんが・・・。1枚のプリントを納得いくまでしようとすると何枚も焼かないといけません。時間が足りなかったので、ここまでですが。だけど、とっても楽しかったです。そして、納得いくように、夜通しでもしたいと思いました。パソコンで座って行う現像とは違う楽しさがありました。自分でも考えてできるようになりたいです。





by harurun_dayo | 2015-03-21 02:00 | OLYMPUS PEN E-P5
e0329526_00052257.jpg

e0329526_00053986.jpg

e0329526_00054745.jpg
e0329526_00055690.jpg
e0329526_00060588.jpg
e0329526_00061553.jpg
e0329526_00062575.jpg
e0329526_00063470.jpg
写真教室でのモノクロフィルム現像をした事を簡単に書きます。
詳細はネットで検索するとでてきますし本にも載っています。
調べると、個々にやりやすい方法を見つけてられています。
フィルムはT-MAX100を使用しました。
必要な物品は、フィルムタンク、リール(35mm用とブローニー用があります)、フィルムピッカー、水温計、ダークバック(または暗室)
撮影済みフィルム、メジャー付き2Lカップ(最低4個水洗に使用する時は+2個)、現像液(この日はT-MAXディベロッパー)、停止液(酢酸)、定着液(マイフィクシャー)、QW(最後の水洗を早める)を使用。全て温度は20度(基本は20度だそうです)。
前浴後(フィルムに現像液を染み込みやすくする為)、指定の時間、濃度で現像液、停止液、定着液の順番でタンクの中に入れて撹拌して底を叩いて気泡を取る。その後タンクからだし、水洗します。そうすると綺麗なネガができます。
私は、この時まだ自宅で行うのは現実的ではないような気がして、あまり必要性を理解していませんでした。
この後に暗室を経験した時に、フィルム現像の大切さを知りました。
フィルムの種類によって、現像液が微妙に違う。コダックのフィルムを富士の現像液ですると色味が変わる。
そして、何よりラボではなく自分が最初に見ることができるというのも魅力的です。
モノクロは外に出すと、3日から1週間かかります。自家現像は乾燥を入れても2日でできてしまいます。
ラボによってはネガに傷が付いていたりすることもあります。フィルムのネガはとても大切で、信頼できるところでないと頼めない。
そのネガによって、何十年も前の写真でも焼けちゃうのです。
ネガを綺麗に現像することは大切で、この後行った暗室での写真に影響してくるという事を知りました。
季節は5月、10月あたりが、水温が20度ぐらいだそうです。
最初は失敗するかもしれませんが、準備が整ったらしてみようと思います。
この後の暗室でのバライタ紙でのプリントに感動した事が全ての始まりです。
今後はフィルム写真だけとか、デジタルの写真だけとかでなく、写真をたくさん見て、眼を肥やして納得のできる仕上がりを目指して取り組んで行きたいと思います。まだまだですけどね。 


by harurun_dayo | 2015-03-19 00:35 | RICOH GR

中崎町 モノカフェ

e0329526_22385101.jpg


写真教室専門コースで作品研究がありました。
各々が4月からテーマに沿って撮った写真を先生とは違う写真家の方に見て頂きました。
そこで頂いたアドバイスをまとめてみました。
フィルムカメラかデジタルカメラか悩んでいた方に対して、撮る時のテンションはとても大切。テンションが上がる機材で撮った方がいい。
作品を撮りに行く時は、機材は一つに絞る。
撮ることへの集中力が欠ける。機材を試す場所ではない。そこに時間を費やすのは勿体ない。
撮る時には距離感が大切。一定の距離感を保つ。被写体のもっと奥に踏み込みたいのか、例えばある場所に行った時に、観光客としてなのか、そこに住んでいる人の中に入り込んで撮るのか、またその間なのか。距離感によって、レンズを決める。引いて撮るか、近くで撮るかによってレンズを広角、標準、望遠と使い分ける。
新鮮な気持ち・感動した場面は再撮しない方がいい。気持ちが薄れてくる、それが写真に現れる。
風景写真において、今見た景色よりも綺麗でなければ、写真にする意味がない。風景写真は、綺麗な景色を写真の中に閉じ込める楽しさがある。傍観でなく、主観が入っていかないと面白みに欠ける。そして、構図を意識する。写真の4隅まで綺麗に丁寧に撮る。海と空は背景でしかない。そこに何を入れるか(主観的なもの)を考えたほうがいい。作り込むことも必要。五感で感じている風景を視覚で表さないといけない。そこが、面白く難しい所。時間、季節を考えて撮る。根気と忍耐が要る。
工場写真。どういうイメージにしたいかによって違う。
未来都市風にするとすれば、周りから浮いたようなイメージにした方が面白い。
現実味を帯びたものは避ける。例えば空の色・グラデーションはないほうがいい。
空の色が残っていない時間に撮る。造形美を意識してパーツだけ撮ったもの。とひいて全体を入れたものがあったほうがいい。
私はスナップなのですが、このペースでひたすら撮る。でした。

みなさんの写真とアドバイスを聞いて、たくさん勉強になりました。
写真は自己完結に終わりがちである。と聞いたことがあります。
自分では見えないところが見えるようになり、視野が広がっていくのはとても楽しいです。
そして、風景も島も工場も色々撮りに行きたくなりました。

by harurun_dayo | 2014-12-15 23:36 | EPSON R-D1x

尾道 さびしんぼう

e0329526_22351769.jpg
  
 映画借りてこようかな。内容は忘れてしまった。尾道が舞台でしたね。

 写真教室専門コースでモノクロのフィルム現像を初めてしました。フィルムの周りのパトローネから、リールに暗闇でフィルムを巻いて、タンクに入れて、現像液、停止液、定着液の順番で、時間通り攪拌して寝かしてを繰り返し、最後に水洗するとフィルムから像がでてきました。乾かして、フィルムシートに入れたら完成です。家でもしてみたいなあって思って、道具を見に行きました。しようと思えばできるんだけど、使用後の廃液の問題があります。普通に捨てては有害になるので、自治体で廃棄方法を聞いたり、近所の写真屋さんで引き取って頂けるか確認しないといけません。
 そこで、ネットで調べてみるとビタミン現像とか珈琲現像という方法があり、普通に廃棄できるそうです。しかし、フィルムの保存となるともひとつのようで、悩ましいところです。
 しかし、初めての現像、感動しました。とっても楽しかったです。今度はいつできるだろう。また、したいです。

by harurun_dayo | 2014-12-10 23:16 | LEICA M MONOCHROM

神戸 自転車 5

e0329526_22420247.jpg
 今日は写真教室専門コースでPhotoshopの講義の最終日でした。一通り教わったみたいなのですが、奥が深くてまだまだ理解できたかどうかと言った感じです。実際に色々な写真で行わないと、自分のものに出来そうにないです。
撮る時に出来ること、撮った後にしか出来ないことを整理する。画像を見て、どうしたいかを書き出して、その部分だけを処理する。を繰り返すことで、どうしたいか見えてくる。現像処理を出来るだけ自然に、解らないように丁寧に行う。毎日少しずつでも触らないと、忘れそうです。


by harurun_dayo | 2014-11-16 23:06 | LEICA M MONOCHROM

盆踊り

e0329526_23024646.jpg
格好良く踊る姿は見てて、気持ちが良いです。
着物姿も粋で良いですね。

 今日は神戸のメリケンギャラリーでRICOH GRパーフェクトレクチャーという講義に行ってきました。持っているお気に入りカメラで面白そうだったので、行ってきました。バージョンが現在4.0になっています。
 知っている内容も結構あったのですが、知らなかった内容もあり勉強になりました。
 知らなかった内容は、このカメラは今回、星空撮影用に力を入れていてワイドコンバージョンレンズをつけたり、ソフトフィルターをつけて撮ると綺麗に撮れるということを知りました。ソフトフィルターはイルミネーションにも積極的につけるといいそうです。デジタルなので、フィルムと違い光の粒がどうしてもシャープになりやすいそうです。インターバル合成の機能を使うと星の軌跡が撮れる。あと、機能で便利なのが撮った後に画像確認するのに、1回1回再生ボタンを押さなくても、HOLDという機能にしとくといい。エフェクト機能が充実してて、Photoshopなどでできないことがカメラ内現像でできる。例えばミニチュアライズというエフェクトは横になっている範囲を縦にできる。ハイキーは露出補正はノーマルにしとくことで、白飛びのない階調豊かなハイキー設定になる。ホワイトバランスも中で細かく弄る事ができ、葉などは緑に、空は青に、木の家具なんかは黄色を足すという風に変えるとより綺麗に撮れる。クロップの機能は設定なしの28mmがLのサイズで1600万画素・35mmがMのサイズで1000万画素・47mmがSのサイズで800万画素である。撮影時にRAWでは再生時に綺麗に液晶に映らないので、RAW+にしといた方がいい。など、ちょっと覚えておくと便利そうな機能も教えて頂きました。
忘れないように、復習もかねて整理しました。長々失礼しました。GRは2年毎の更新なので、まだ1年あるそうです。その後も使えそうですけどね。このサイズにAPS-Cは魅力的ですね。

by harurun_dayo | 2014-08-17 23:57 | RICOH GR

現像からプリント 

e0329526_22281782.jpg
 8月5日にご紹介した講義をもとに、自宅のプリンターでプリントしてみました。講義ではエプソンのPX-5Vだったのですが、自宅のプリンターPM-D800もなかなか綺麗に印刷できました。自宅で余っていた用紙で行ってみると、まあハマりますね。古いプリンターですが、AdobeRGBに対応しているみたいです。今までsRGBで撮っていたのですが、Adobeの方が色調が豊富だそうです。モノクロもです。今まで知らなかったのが残念です。これからは、カメラの設定を変更して撮ろうと思います。そして、プリントして自分の写真を眺めていると、次回どんな風に撮ったら良いのかプリントまで視野を入れて撮る事が出来るようになるそうです。フィルムでは暗室、こちらは明室作業というそうですが、とっても楽しいです。気に入った画像はプリントして残すということが、とっても大切だという事を学びました。ちなみに、モニターがAdobeRGBに対応していなくても、テストプリントしてプリンターの設定で合わせるといいそうですよ。初めから全部は揃えられないけど、プリンターPX-5V〜欲しいですね。海外では、結構アマチュアの方もプリントは行っており、それをギャラリーに売り込むそうです。綺麗なプリントができるという事が前提だそうですよ。趣味もとことんやると、将来につながっていくというこも教えてくださいました。
by harurun_dayo | 2014-08-05 23:25 | RICOH GR

喫茶店 

e0329526_23442107.jpg
 神戸のメリケン&ギャラリーで写真家の北義昭さんの『モノクロ写真を丁寧に仕上げる講座(基礎編)』に参加してきました。自宅に帰ってPhotoshop Lightroomで現像の復習と、自宅の(6年ぐらい前に買った)プリンターで復習しました。今まさに疑問に思っていたことで、求めていた講義内容だったので、とても勉強になりました。世の中そんなに、明るくない。朝昼夕の明るさのまま、写真に撮る。そうすることで、その場の空気をも写しこんだ写真となる。撮る時にヒストグラムをよく見るなど、ノートを整理してみると他にも書ききれなくなるぐらいあり、とても勉強になる内容でした。次回、9月28日にもあるそうです。モノクロの面白さ、写真の原点が学べたように思います。ほんと写真の世界は楽しいですね。
by harurun_dayo | 2014-08-05 00:00 | RICOH GR

写真教室 第7回目

e0329526_22552439.jpg
e0329526_23005580.jpg
 写真教室 専門コースの4・5・6回目はスタジオ撮影でした。人物とワインボトルの被写体を撮影しました。光と影をコントロールして、撮影する勉強で大型ストロボを使ったり、レフ板を使ったりして、ディフューザー、トレペ、ユポなど他にも機材があるんですが、そういうものを使った本格的な授業で露出計で測ってMFで撮りました。特にワインボトルは、物撮りというみたいですが1つ撮るのに、写り込みをなくしたり、光の当たる部分を綺麗なラインで作るなど結構手間がかかるんだなあっと言う事が解りました。写真見て復習しないとなあって感じです。わたしは苦手でした^^;
 そして、専門コース7回目は作家論・写真史を学びました。その中でお勧めの本が、写真美術館へようこそという本です。写真の専門学校や大学などでお勧めしている本で、読みやすいそうです。是非購入しようと思います。教室で勉強した後は、外でポートレートの撮影をレフ板を使って行いました。逆光時にレフ板で光をあてたり、暗い中に入って、光をレフ板で反射させて撮ったりしました。暑かったですが、楽しかったです。8月はお休みで、その間に写真を撮って、また持って行かないといけません。各々が撮った写真の中から先生がいいものを選んで、テーマをそれぞれ決めていきます。私は都会のモノクロスナップの写真になりました。意外にも8人の中にいませんでした。他のメンバーは、工場やジャンクションの夜景ほか、それぞれ違ったテーマになりました。その中でも家の中を撮っている写真があって、どんな風に仕上がるのか楽しみです。光と影をおさらいして、自分が納得のいく写真を撮りたいです。
 次回はムービー体験です。これも苦手ですが楽しもうと思います。 長々失礼しました。(写真は外の撮影の合間に、ワインボトルはみんなで撮影)

by harurun_dayo | 2014-07-22 10:03 | OLYMPUS OM-D E-M1

田舎の風景

e0329526_20541995.jpg
都会に住んでいると、こういう景色がとてもうらやましく思える。

 今日は写真教室専門コース4回目でした。スタジオ作品制作で照明比について、学びました。具体的にはシャドー部の明暗をコントロールするとうことで、ハードな表現からソフトな表現が出来るようになる為で、照明・カメラ・モデル・露出計操作・レフ版担当と順番に行っていき、撮影をしていきました。
 7名いてたので、7回同じ事をしました。結構疲れました。本当の撮影はもっと大変なんだろうなっという気がしました。影をコントロールできるようになる為で、影の出方によって随分印象が変わるもんなんだなあっと思いました。光のあたる所と、影になる所をそれぞれ露出計で測って比率をかえて撮影していきました。さて、習った事をどう活用していこうかしら・・・日常でも、光と影を意識して見て行こうと思いました。次回はストロボを使っての撮影に入ります。しっかり、ついていかないとって感じです。 ^^;;

by harurun_dayo | 2014-05-25 21:20 | OLYMPUS OM-D E-M1