訪問ありがとうございます


by N
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雨降り

e0329526_21042648.jpg
 6月7日 大阪写真月間ということで中崎町で行われた川内倫子さんとタカザワケンジさんのシンポジウムに参加してきました。
『うたたね』から始まり、いままでの写真集・作品についての思いやエピソードなど聞かせてくださいました。
わたしが印象に残ったこと。
 若い頃は気に留めた光景を条件反射で撮り、撮った後の構成や編集なども含めて写真を楽しんでいた。組み合わせは日によって変わることもある。今は条件反射とは少し違う。写真を楽しんでいることには変わりない。 タイトルについて、複数の意味を持つように考えている。
写真集を見て頂く時に、あれっとひっかかりを持って見て頂けるようにしている。解釈の仕方が、各々違う。自分の意図しているところを理解して頂けると嬉しい。また、違っていても立ち止まって頂けるのも意図しているところである。何処の場所か解るようなところは撮りたくない。物事の移り変わり、生まれ変わりを大切にしている。写真は時間・現実を止めてしまうというファンタジーがある。
ひとつひとつの作品についての思いや考えなど聞くと、圧倒され、芸術家なんだなあと改めて思いました。
キラキラ輝いていて、とっても素敵な方でした。
大阪に来ると、人の顔をじーっと見てしまう。東京では人に顔がない。同じ都会でも印象が違うとお二人で話されていて、なるほどなあっと妙に共感した。わたしも、そういえば東京に行った時、みんな顔に出さずお面をかぶっているように感じた。関西人は解りやすいのかもしれない。なんて思いました。
しばらく、家に帰ってぼーっと考えてしまうぐらい、強烈な印象でした。
最後、質問コーナーで写真を撮り始めた時は何を撮っていたか聞いてみました。一番前に座れたので、勇気を出しました。コンデジで空を撮った時には、こんな空じゃなかったとがっかりした。マンホールなどをよく撮っていました。と返答がありました。
最初は、みんな一緒なのかもしれないなんて思いました。この日のこと、きっと忘れないだろうなあと思います。


[PR]
by harurun_dayo | 2015-06-09 22:07 | NIKON D750