人気ブログランキング |

訪問ありがとうございます


by N
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

出会い

e0329526_22354281.jpg

e0329526_22521621.jpg


 2014年7月22日 LEICA M MONOCHROMとの出会い。
 アンリ・カルティエ・ブレッソンにロバート・キャパ、木村伊兵衛、ハービー山口氏他にもたくさんの写真家の方々・・・LEICA憧れずにはいられない。生の写真を見た時には、ほんとに感動した。スナップ写真って、こういう写真をいうんだなあって。わたしもいつか。友人と見に行った。LEICAっていったらフィルムカメラだよね。と思い、LEICA MPを見せて頂き、ファインダーを覗いてシャッターを押させて頂いた。ピント合わせが一苦労、目が悪い私には見えない。そして、知ってはいたがすべてアナログ、MFだ。私はシャッターを押した時に静かとは思わなかった。普段デジカメを消音で撮っている私には、むしろ大きく感じた。すっかり怖じ気づいてしまった。
 そこで、MにM-Eと触らせて頂き、M MONOCHROMのブラックを手に持たせて頂いた。その瞬間、これだよ。思わず笑みがこぼれた。なんて、手に馴染むんだろう。質感もだし、艶消しのブラックっていうのがとても良い。シンプルでLEICAの文字はないが、それがまたカッコイイ。すっかり参ってしまった。シャッターの感触はM-Eと一緒だそうだ。手に持った感じ、その感触はM-EやMの時とは明らかに違うかった。MPより音は静かだった。
 自分が好きって思うものはそういくつもないと思う。昔は家一軒の値段と言われてたそうだけれど、今はそこまでではない。旧miniを新車から乗り続けて、16年になる。メンテナンスをすれば、ずっと乗れる。デジタルM LEICAもセンサー交換が出来るので、かるく10年は使えるそうだ。メンテナンスして長く使えるのはいいよね。レンズを合わせると車一台分かもしれないけど、ずっと相棒でいてくれる気がする。そして、いつかは、フィルムLEICAが手に馴染むときがくるのかなあ。撮った画像は、素晴らしい。使えば使う程、良い絵が撮れる気がする。そして写真を現像、プリントしてみると、嬉しくなる。露出がかなりシビアなので、MFで撮れるように練習している。目測ができるように、家中の廊下に目盛りをつけた。めっちゃくちゃ楽しい。そうして、わたしのLEICAとの日々が始まった。ファインダーのピント合わせは、便利なのがあって1.4倍に拡大できるのをファインダーにつけて頂いた。

 このあと、レンジファインダーにハマってEPSON R-D1xGの新品があったのでポチってしまった。マニアックなのが好きみたい。

by harurun_dayo | 2014-08-08 23:31 | LEICA M MONOCHROM